読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Routes for The Dreamer

隠れアイドル好きのおっさんの思いをぶちまけてます。

Surface Studio/Surface Dialが革新的な入力インターフェース新提案とはとても思えないという話

先日発表された「Surface Studio」と新しい入力インターフェースの提案のあった「Surface Dial」。可変スタンドのデスクトップを市場投入し、クリエイター向けアプリにはおなじみの円形メニューと親和性の高い「ダイヤル」をディスプレイ上に置くとアプリ連携して円形メニュー操作ができる、という新インターフェースが登場。

 

ギークな人々には概ね好意的に受け入れられている印象です。アイデアとして非常に面白いと思いますし、機会があれば触ってみたいとも感じました。

 

pc.watch.impress.co.jp

 

しかしながら、これを「本来はAppleがやるべきだった」とは思えないですね。

Surface Proシリーズのペンにしろ、StudioのDialにしろ、キーボード・マウス・タッチパネルに次ぐ第4の入力方法なわけですが、「Appleらしいやり方」とするならどれかをそぎ落とすと思います。

iPhoneが革新的だったのは、それまでのテンキーやQWERTYキーボードを捨てて、マルチタッチ技術を全面的に入力インターフェースに使用したからでしょう。

iPodが革新的だったのは、「ボタンだらけ」で「全然曲数を持ち歩けない」、ネットとの親和性も低い、時代錯誤なそんなミュージックプレイヤーを見直そうとして、ホイール、HDD/フラッシュメモリiTunesなどの新しい提案のつまった端末が生まれたからのでしょう。

 

「こんなのもできるようにしたよ。今までの操作は今まで通りやってね」なんてのはインターフェース革新とは言えません。「特定の職業の人たちに向けて、こんな便利なものを作ったよ」、これも全然革新的とは言えませんよね。すべてのユーザーにとってより良い生活を実現するための提案、これがマストでは。アクセシビリティの追随は遅れるとしても、何かしらの回答をもってくる。

 

Surface Dialこそ「妥協の産物」だ、とまでは思わないですけど、何か新しいことをやろうとして出てきた苦肉の策、では。Windowsの世界でもタッチパネルベースのアプリケーションは全然出てきませんし、Penも尚更ですよね。Windows InkやOneNote、Office製品以外でSurface Penは全然使っていませんよ。

結局、ほとんどの方が従来通り、タイプカバーとキックスタンドでノートPC的に使って、キーボード入力・タッチパッドでマウス入力しているのでしょう。

 

正直よくわからないのがMacBook Proの「Touch Bar」ですね。レビューワは軒並み絶賛しているようですが、本当に必要なのかがわからない。伝わってこない。Appleは割り切ってマウスやキーボードの補完的な入力操作に使ってほしい、としていますから、そこまで革新的なアイデアではないのではないかと思います。TapTicエンジンによるフォースバックも受けられないみたいですし…。ボリューム操作などは指で操作できればわかりやすいかもしれませんが、まあそういった小粒なアイデアをかき集めてきたとしても、そんなに頻繁に使うものでもないなー。

 

PCはPCとしてすでに完成されているんだなんて言う気はありませんが、実に難産ですね。

macOSが順当にiOSiCloudとの連携を充実させ、iOSで好評な機能の移植もどんどんやって、着実に進化していますが、これらを融合させる気はさらさらない感じ。

一方のWindowsはモバイル・ゲーム機との統合についてもはや最終局面。XboxOneで発売される超大作ゲームがWindows10(ただしAnniversaryUpdate適用が必要)でも遊べるというニュースは、かなり「ユーザに響いている」のではと思います。

個人的にはWindows10には良い印象をもっていないのと、Windows Phone/XboxOne自体が日本ではピンとこない存在なので、Appleの戦略が過渡期としては正しいようにしか思えない。実際便利ですからね、HandoffやらテザリングやらiCloud Photo Libraryやら。垂直統合のおかげで(iCloudの有料アカウント使ってれば)非常に便利に使えるものばかりです。

 

まあいずれにせよ、革新的でもないものを革新的だと宣いまくり、Appleやらスティーブ・ジョブズやらを引き合いに出してくるのはやめたほうがいいと思いました、という話でした。

ニトリのカラボ

うーん素晴らしい環境が完成しましたワ。

ニトリの「カラボ」は材質たしかに良い感じであったが、適当にやりすぎて真っ平らにならず笑 仕方ないのでそのまま使うことにしますー。そのうち買い直しましょうかね。 予定通りカラーボックスの上面をiPad Proの固定位置にしました。まあサブディスプレイ的に使っているわけではないので、ここにある必要はありませんが。定位置があるということ自体に意味がある!

スピーカは小さいものを使おうと思いましたが、やはり物足りなさすぎるので、Harmanのスピーカーを使い続けています。ディスプレイスタンドやカラーボックスのおかげでテーブルの上のものがまたスッキリしたので、スピーカーを再度ディスプレイ裏に設置しました。

このところ寒くなってしまったので、ひざ掛け等防寒アイテムがほしいなー。今度買ってこよう。 カラボの中には何入れようかしら。とりあえずMacBook Proをカゴの中に立てて入れてみました。まあPC関連の周辺機器を詰め込んでおきますかね〜。ホコリが入りたい放題なので、ちゃんとジップロック等のチャック付きの袋に入れて保管するようにしなければだ。

そんな感じです。ニトリでいろいろカラボ用の収納アイテムを買ってきてセットしてます。シリーズ展開している商品は選ぶ楽しみがあってよいですね。普通のボックスと引き出し、追加棚を買いましたが、追加棚は不要だったかもー。

10/31-11/6 Kindle購入記録

10/31週に購入したKindle本の一部をピックアップ!

しまなみ誰そ彼(2) (ビッグコミックススペシャル)

20%ポイント還元対象になったので、購入。

ゲイの自覚がある男子高校生が、地方創生のためのボランティアグループと出会って、すこしずつ自分の気持ちに折り合いをつけていく。2巻は女装好きの男子小学生の話ですね。

LBGTがテーマの作品が増えてきたのはいいことです。

Kiss×sis 弟にキスしちゃダメですか?(1) (ヤングマガジンコミックス)

0円だったので。懐かしい。男の欲望漫画。17巻まで出ているとな。

惡の華(2) (週刊少年マガジンコミックス)

0円だったので。漫画自体はすでにレンタルで制覇済み。

原作さん (アクションコミックス)

原作者の日常を描いた作品ということで買ってみたけど、全然これでは原作者の日常はわからない。謎のノリに乗れる前に脱落。失敗した。まあ安かったからいいか。

名前をつけて保存しますか? (BE・LOVEコミックス)

タイトルに惹かれて。まだ読んでない。

いちごカルビ (別冊フレンドコミックス)

南波あつこ作品ということで。まだ読んでない。

逃げるは恥だが役に立つ(3) (Kissコミックス)

ゆっくり集めてます。読むものないときとかに少しずつ。読まなきゃいけないリストの更新はすでにストップしているくらいに「読むものがないなんてことはありえない」はずですが、気分が乗らないとね。 しかしドラマもそうだけど、漫画はなおさら「こんな会話ありえるの?!」って思わざるをえないような高度な会話がたまに。そんな会話を世の社会人は本当にしているのでしょうか。

ドラマも面白いですね。新垣結衣目的で見てます! みくりちゃん雇いたい。

食糧人類-Starving Anonymous-(1) (ヤングマガジンコミックス)

話題の作品ですね。亜人もそうですけど、謎を明かさないまま進めていくストーリーに弱いんだなー。映画もそう。「巻き込まれアクション」が大好物。こちらもそんな感じで、バスに乗っている最中に主人公の男の子が事件に巻き込まれるのです。グロめですのでご注意を。 驚きの展開の連続ではあるんですが、えげつない描写をしているなーって感じで逆に1巻は淡々と進んでるように思えるのはなんだかな。緩急つけてほしいですね。

紙の本の方は入手困難になっているようです。

かんたん!ラクチン!作りおきのお弁当おかず315

11月から弁当男子に挑戦しているので買ってみました。ananの作り置き料理特集も参考にしたいので、dマガジンのスクショを撮りまくる or Kindle版購入で迷い中。

プラチナエンド 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

話を忘れているので1巻から読み直そうと思いまして。それっきりだ笑 それをすでに忘れてた笑

月刊誌だからか展開が遅いんだよなー。こういう作品は毎週読んでハラハラし続けたいのだけれど。

星野、目をつぶって。(2) (週刊少年マガジンコミックス)

あっさりヒロインのメイクができるようになってしまい、この先の展開がどう進むのかまったく期待できない笑 ぐだぐだと恋愛漫画になりませんように。

週刊少年サンデー 2016年48号(2016年10月26日発売) [雑誌]

岡田結実ちゃんのグラビア見たさに 笑 健康的なかわいさがいいですね。おじさんになるとこういう女の子にグッときます笑

漫画の方も読んでみようかなと思いつつ、手をつけてない。

漫画アクション 2016年11/1号[雑誌] マンガアクション

100円なので毎号買って何作品か読んでます。グラビアメインかな。「ぼくは麻理の中」が終わってからは「待ってました〜!!」ってテンションで読んでる漫画はゼロではある。100円だから続けられてる。

あんにんってなんで人気なんだろう。そんなにかわいいかな?

マルドゥック・スクランブル(1) (週刊少年マガジンコミックス)

聲の形つながりで興味をもってたのですが、無料だったのでポチっと。まだ読んでないです。ハマってもレンタル店に置いてなさそうなのがネックで読めてない。

知っておきたい結び方の教科書 (サクラBooks)

が18円だったので。結び方っていろいろ勉強したいな、と先日の某バラエティ番組を観て思ったのでした。

その他

今週は「恋と嘘 5巻」と「ごくりっ 2巻」が予約済み。すでに20%ポイント還元になっていたので予約済みです。「ヤングチャンピオン 2016年22号」は特にポイント還元云々はありませんが、向井地美音ちゃんの表紙&巻頭グラビアということで見逃すわけにはいきません。

付録は当然ついていませんが。アクションみたいに発売日からずらすんだったら価格設定見直してほしいところ。

ONE PIECE」の83巻は店頭では先週並び始めてますが、Kindle版は1ヶ月遅れなので12月。集英社のこのやり方はもう慣れっこですが、やはりコンビニで積まれているのを見かけると買いたくなりますね。ジャンプで読んでるから、話は知っているっちゃ知っているんですが、まとめて読むとまた格別ですからね。特にワンピは今最高に面白い流れができているので。

同じく「バイバイ人類」の2巻は紙媒体と同時発売ではあるが、20%ポイント還元対象になるのを待機中。

ところで、「自殺島」16・17巻のKindle版はいつ出るのだ。紙媒体の方はすでに発売済だというのに。

漫画ではないが、佐々木希の写真集「かくしごと」は、DMMが50%ポイント還元をやっているのが羨ましい。エロ系はDMMに移行済なので、写真集もDMMで買っちゃおうかなーと思いつつある。 あと藤原さくら 1stフォトブックはぜひKindle化を…。この手のものは望み薄だよなー…。桜井日奈子写真集もぜひ。サービスカットはゼロでド健全らしいので、なおさら紙で済ましたいですな。

では。

ポートの規格についての苦悩

Appleって結局USB-Cでやりたいのか、Lightningでやりたいのか、どっちなのかさっぱりわからないですね。

MacはUSB-Cで攻めるのかと思いきや、Magic Keyboard/Magic Trackpad2/Magic Mouse2はLightningですし、LGと共同開発した4K/5KディスプレイはUSB-C互換のThunderbolt3のみ。iPhone7でUSB-Cに変えてたらUSB-Cでいくんだなーって思えたし、同梱ケーブルをUSB-C - LightningケーブルにしてたらUSB-Cに積極的に切り替えていくんだーってわかったのに。

 

HDMI、DisplayPort、Mini DisplayPort(Thunderbolt/同2)、USB-C(Thunderbolt3)といっぱいありすぎて何がなんだか。D端子もまだ使っているところもあるのでは。法人向けだと未だにRGB/DVI-Dのみってモニタもあったりしますし。

 

会社だと、デスクトップPCはDisplayPortでモニタ接続してますね。PC側にHDMIがないので。タブレットPCはモニタにはほとんど繋ぐことはないのですが、プロジェクタによく繋いでいて、PC側にはMini DisplayPortしかなくプロジェクタにはMini DisplayPortなどないので、RGB - Mini DisplayPortでプロジェクタ接続しています。HDMIでもいいのですが、たま〜に古いプロジェクタだとHDMI端子がついていないんですよ。なのでRGBで割り切っています。入力切換してHDMIにしておくと、次に使う方が「あれ?!接続できない!」って騒いでいるのを何回か目にしてますし…。

家では、普通にHDMIでモニタ接続。Mac miniHDMI端子があるので市販のHDMIケーブルで問題なし。ただ、MacBookProにHDMI端子がなかったので、モニタに繋ぎたいときはHDMI - Mini DisplayPort変換のアダプタを使っていました。

 

USB-AなしのPCを使うとなると、USB-A - USB-Cの変換アダプタも持ち歩かなければならないし、スピーカマイクなどいろいろ繋ぐことを考えると変換アダプタよりはハブの方がいいんでしょうね。

最近のPCは薄さにこだわっているものだとLANポートもなかったりするので、無線LANを借りられないオフィスに訪問する場合はUSB - LANアダプタも必要。

変換アダプタ地獄です。

 

仕事優先でPCを調達すると、映像出力はHDMI/VGA両方、USB-Aポートは2〜3つ、LANポートも、ってなると候補はかなり絞られてしまい、結果的にサイズや重さなどが犠牲になってしまうのが難点です。今後のことを考えればUSB-Cもあった方がいいんでしょうねえ…。

 

なんとかならないものかしら。

 

 

PCデスク周りのまとめ 2016/11/6時点

退屈なので、PCデスクの状況を簡単にまとめます。

こんな感じかなー。フットレスト欲しい。

以下、ムダ話。

続きを読む

ディスプレイボードと物欲

キングジムの「ディスプレイボード」が届きまして早速取り付けてみました。

クソ簡単ですね。左右の支柱がそれぞれ独立しているので、平行にするのが少し手間でした。また、モニターアームとディスプレイ背面構造によっては干渉する可能性がありますね。私の場合は大丈夫でした。 耐荷重は1kgとかなり少ないのですが、とりあえずiPad Proを置いてみました笑 750gくらいあるのでギリギリですね。 ディスプレイボードの上のものを視認するためにはかなり目線をあげる必要があるので、モニターアームの高さを調整してもいいかもしれない。

とりあえずカレンダーか何か設置したいなーと探してみてますが、なかなかいいのがないです。そもそも右隣にほぼ日のホワイトボードカレンダーがあるので、カレンダーばかり要らないのですが笑

卓上 本田望結 2017年 カレンダー 卓上  CL-291

卓上 本田望結 2017年 カレンダー 卓上 CL-291

本田望結ちゃんの卓上カレンダーを発見してしまった笑 ググッと大人っぽくなってきたので、また数年したら再ブレイクするかもしれませんね〜。

京佳 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-246

京佳 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-246

京佳ちゃんのカレンダーも発見。これは撮り下ろしではなさそうな感じか? AKB48と違って出し惜しみすることなく水着になっているのが良いですね。まあ卓上ではないので要件を満たさないのですが笑

Amc's The Walking Dead 2017 Calendar (Mini Wall)

Amc's The Walking Dead 2017 Calendar (Mini Wall)

Amc's The Walking Dead 2017 Calendar (Square)

Amc's The Walking Dead 2017 Calendar (Square)

ウォーキング・デッドのカレンダーもいいなー。と思ったら中身が微妙。うーむ。海外のカレンダーはセンスの欠片もない。

そしてキングダム! こいつはいいですね〜。

本命はAKB48卓上カレンダーかな〜。以前のものは結構出来が悪かった記憶がありますが。2014年か2015年のカレンダーを買ったのだけれど、結局箱にしまったままその年の暮れに捨てたなー。 今年はいつ発売開始されるのだろうか?

置き時計はディスプレイ下にあった方がいいし、iPad Proはカラーボックスが届いたらその上面に置くつもりだし…。とりあえず溝のところにはFire TV Stickのリモコンを挿してあります笑 会社で使うのもアリかもなー。 まあ使い道が出てこなかったらそうします笑 会社でなら、カレンダー、ふせん、ペン立て、ティッシュ箱、それこそiPhoneなど置きたいものはたくさんありますからね。

以下、戯言。

続きを読む

どうしても気になる新型MacBook Pro

MacBook Proが欲しいそんな毎日。

どうもこんばんは。休日はひたすら家にいるのがバレてしまう連投ぶり。まあ新しいPC環境の居心地が非常に良いということがよく伝わりそうです。ま、今までも家には引きこもり続ける日々だったのですが…!

さてはてMacBook Proですよ。特に13インチMBPか、15インチMBPか、どちらが良いのか決められない!けど、13インチに気持ちが傾いているかなー。

何せ「薄くて軽い」。

比較項目 MBP''13 Mid2012 MBP''13 Late2016 MBP''15 Late2016 MB''12 Early2016
高さ 2.41 cm 1.49 cm 1.55 cm 1.31 cm
32.5 cm 30.41 cm 34.93 cm 28.05 cm
奥行き 22.7 cm 21.24 cm 24.07 cm 19.65 cm
重さ 2.06 kg 1.37 kg 1.83 kg 0.92 kg

13インチなら、私の現行モデルと比べて700gも軽くなっています! iPad Pro 12.9インチ Wi-Fiモデル(713g)とほぼ同等分も軽くなっているのです。これは惹かれる!喫茶店に持ち出したくなりますね。まあブログ書くくらいしかやることはないのですが…。高さについても、1cmも薄くなり、カバンの中の収まりも非常に良くなりました。 MacBookと比較しても十分戦えるのでは。もちろん搭載しているプロセッサが違いますので比較するのは酷というものですが、この400g差をどう見るか。

15インチと比べても200g弱軽くなってますし、薄さも13インチとほぼ変わらないレベル。それでいて高性能、Radeon Pro GPUも。素晴らしい。せっかく買うならと思うと、ここが捨てがたいんですよね〜。

うーむ。安くなったMacBookもいいですね。

  • MacBook Pro 13インチ
    • 梅:148,800円+税(Core i5 2.0GHz/2Core/8GB RAM/256GB SSD)※Touch Bar 非搭載
    • 竹:178,800円+税(Core i5 2.9GHz/2Core/8GB RAM/256GB SSD
    • 松:198,800円+税(Core i5 2.9GHz/2Core/8GB RAM/512GB SSD
  • MacBook Pro 15インチ
    • 竹:238,800円+税(Core i7 2.6GHz/4Core/16GB RAM/256GB SSD
    • 松:278,800円+税(Core i7 2.7GHz/4Core/16GB RAM/512GB SSD
  • MacBook
    • 竹:128,800円+税(Core m3 1.1GHz/2Core/8GB RAM/256GB SSD
    • 松:158,800円+税(Core m5 1.2GHz/2Core/8GB RAM/512GB SSD

こうして見ると13インチと15インチの性能差はすごいなー。

個人的には「Touch barよりタッチスクリーンつけろ」と主張する方もいますが、アプリが揃ってなければ意味がないですからね。Surface Proを普段使っていますが、OneNoteでしかSurface Penは使っていないですし、他はスクロールや拡大縮小などを手でたまにやるくらいかなー。iOSmacOSの統合はまだまだ先の話でしょう。

はー、ほしい。