読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Routes for The Dreamer

隠れアイドル好きのおっさんの思いをぶちまけてます。

内蔵TrackPadとMagic Trackpad

私が初めて買った「Mac」は、MacBookProです。2009年頃かな。UIの合理性の高さやフォントの美しさなど、初のMacに感動したポイントはたくさんありますが、何よりも「トラックパッド」の快適さですね。マウスを併用していた時もありますが、大抵はトラックパッドだけで大丈夫です。デスクの上ならいいのですが、テーブルの上に置いて使うならマウスのスペースはあまり確保できませんから。ましてやiPadで大抵のことができるようになった今では、PCなんて片隅に追いやられてますよね。

 

最近でこそWindowsのラップトップPCやタブレットの専用キーボードのタッチパッドも大型化して、マルチタッチに対応しているものも増えていますが、当時はものすごーくタッチパッドが小さくて「マウスがないと快適に操作できない」が当たり前でした。

 

MacBook系の内蔵トラックパッドはまず、大きい。何度もパッドの上で指を往復させなくても大抵の操作は行えます。そして、マルチタッチによるジェスチャ。縦スクロール・横スクロール、拡大・縮小、ブラウザの戻る・進む、デスクトップの切り替え、ExposeやLaunch Padなどが直感的な操作で実に簡単に実施できます。

もはや魔法のようですね。友人に触っているところを見せるとよく驚かれました。本当にマウスがなくても全く操作上の問題がないのです。

IDEやクリエイティブ系のソフト、プレゼン資料作成など細かい操作が求められるソフトウェアで本格的な作業をするなら意見が分かれるところだと思いますが、キーボードショートカットなどと組み合わせればほとんど問題ありません。

 

というくらいトラックパッド好きなのですが!

Mac mini用に購入したMagic Trackpad 2。これはいただけない。なんなんだろう。何がいけないんだろう。やれることはMacBook系の内蔵トラックパッドと何も変わらない。場所が固定されていない分、好きなスペースに置けるというメリットもある。バッテリ残量を気にしなければならないけど、かなり持ちが良いし、Lightningケーブルは今やそこらじゅうに溢れていて、誰かが必ず持っていると言っても過言ではない。それに充電しながら使うこともできる。

だけれど、マウスが欲しくなる。これはなんなんだろう。

 

Mac miniに接続しているディスプレイが大きすぎるから」というのはあるかもしれない。職場では27インチディスプレイや24インチディスプレイが多いので、かなり持て余しています。「ただ大きければいい」というものでもないですね笑 ボタンが遠すぎて。肉眼の動きにマウスなら追随できているのかも。

 

うーん、決定打ではないような気も・・・。小さいディスプレイで試してみるべきか?

 

Magic Keyboardは快適なんですけどね。これは良い。